自宅付近の自然な草花や昆虫は

奇麗に梅雨空に咲き誇った山百合です、咲き始めてから一年ごとに花数が増えるそうです。

黄色い模様がピンク色や赤色のヤマユリを見たことがあります。

草の中に豪快に咲いています、少し草ツルを取ってやれば見栄えが良いのですが

暑くて自分の面倒を見るのが精一杯で、花達の面倒は二の次になってしまいます。

こんな田舎でも都会と余り暑さは違いませんね。

毒セリが奇麗に開花して、実を付けて子孫を残そうとしています。

このセリに春先騙されて食草と間違えて中毒になる人が毎年います。

出る場所を覚えておいて間違え無いようにしましょう。

梅雨明けの猛暑の中、アブラセミが「ジージー・・・・・・」と鳴くと更に暑く感じます。

と言っても、自然界のことは蝉には通じません。 昨年より早く・ヒグラシ・クマゼミ・

ニイニイゼミ・アブラゼミが泣いていますが、ミンミンぜみの鳴いた声を聞いていません。

自宅付近でキリギリスの鳴き声は聞こえますが、ウマオイ・コオロギ・カネタタキ等の鳴き声は

まだ聞こえません。 もう直ぐお盆ですね、一年間がアッと言う間に過ぎてしまい・・・・

寂しいです。

身近な蝶と花は

ヒョウモン蝶と思いますが、羽根を開けば分かります。最近昆虫が減り寂しいですね。

毒セリです食中毒になる人が毎年間違えて食べてしまいます。

草丈は大きくなり花は白色で奇麗ですね。


信州五山は美しい

妙高山です、久々に梅雨の切れ目に顔を出しました。 勇壮で最高ですね。

飯縄山ですが山頂に蜘蛛がありざんねんです。 


自宅付近の田舎は

イチモンジ蝶と思いますが良く私方の池の近くに遊びに来ます。

田舎はこんな蝶を自宅で見れて最高です。

この葉はクリスマスローズですが卵を産み付けているような気配です。

もし、玉子が生み連れられていたらそのままにしておき、増やしたいですね。

これは庭の舗装に飛び降りて匂いを嗅ぎ取っているような感じがします。

いずれにしても「蝶」の姿が少なくなり、こんな田舎でも蝉の鳴く声がメッキリ少なくなりました。

南側の庭の道路脇にピンク色の奇麗な色彩のタチアオイが一際目立ちます。

このピンク色は優しい色で、見ていると心が和みますね。

黄色のタチアオイも優しい色で好きです。

白色のタチアオイも落ち着いた色で更に育てたいです。

阿部錦鯉養鯉場・一茶ダルマリュウキン販売

これが初デビューした「一茶ダルマリュウキン」です。 一年目の中央の金魚で色変わりが面白く

どんどん変わりマニア向き、口コミで遠方から朝から訪れる人が沢山います。

色変わりと動きが変わっていて何とも言えない金魚です、一度見る価値があります。

全ての写真は上から撮影しましたが色変わりがよく分かります。 長野支店に携帯での

問い合わせや注文が入っているそうです、また、発送もOKとのことでした。

新発売でこれからどう変化していくかが楽しみの逸品金魚か。
お問合せ・長野支店・携帯番号 「090-4950-4029」・本社 「0255-75-2074」です。

付近に咲く花と黄花は

赤色の目立つ「ザクロ」の花が咲いていました、梅雨空に緑の葉に映りますね。

この黄色は遠くから見ても目に映ります、信号機の黄色と同じくこれだけ多く咲いて

いれば特に注意か。

中央に大きな真夏の「ヒマワリ」が咲いています、梅雨明けは何時になりますか。

黄色ずくめで場違いの春先に咲く「山吹」が自宅の庭に咲きました。

太陽が顔出しが無く間違えてつぼみを持ち咲いてしまったものです。


私が心を込めた作品か

タチアオイの新品種ですが何とも言えない色ですね。

ピンク色の八重のタチアオイは上品で重みがあります。

黄色のタチアオイも目立つので「黄色信号機」として考えて、事故防止に務めて下さい。

商標登録「一茶ダルマリュウキン金魚」本日デビュウ


商標登録された金魚「一茶ダルマリュウキン」は、今年初めて「阿部錦鯉養鯉場」本日デビュー。

口コミで遠方から稚魚を買い求める人でいっぱいです。 何とも言えない珍しい金魚か。

日本で初めての販売で、ダルマ系の金魚でマニアは100匹も目の前で購入して帰る人が

いました。 珍しい品種で、これからの楽しみです。

残りの「一茶ダルマリュウキン」をオーナーに無理矢理にお願いして今日自宅で設置して

飼っています。 これからの変化が楽しみの品種です。 阿部オーナーの連絡先は

携帯電話 090-4950-4029 (この金魚は限定品、来年は本格的に市場に)


梅雨に咲く昼顔とヘビは

青梅雨に咲く昼顔は情緒があって良いですね。

こんな雨降りでも綺麗に咲きピンク色は何とも言えません。

これは私の友達が商売しいる「マムシの姿焼き」です。 昔から身体が弱った人が少しずつ

食べて元気の源とした貴重なマムシです。 私も生きた「マムシ」をフライパンで焼いて食べ

せて貰ったことがあります。 疲れていたので翌日は元気モリモリと言う気がしました。

今は中々、ヘビがいなくて商売が大変なようです。 でも、たくあえがあるので頑張っています。

犬とカサブランカは

優しい手入れのしてある白色のスピッツである、飼い主は家族連れと言っていました。

この方は、金魚・メダカ・チャボ・ウズラ・カナリヤ・犬・奥さんも飼育しているとのことです。

車の中で何時間も待っている、しつけされた犬で素晴らしいです。

いずれにしても動く物は皆好きなようですね。

家のプレーリードッグの散歩を廊下でしている様子です、まだ子供でしつけがむずかしい。

面白いことにキュウリが大好きです、プレーリーにはキュウリが無いと思います。

 

奇麗に黄色いカサブランカが咲いています、でも香りが少ない花ですね、カサブランカと言うと

強い香りが思い出されます。

<< 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >> 24ページ中10ページ目