黄色い花と「ネコの仲裁」・「コロナ」撲滅を馬頭観音に祈る

自宅付近で黄色い「水仙」が一番乗りに咲いていました。

追記もご覧下さい・・・

トラクター展示会と畑の雑草

国道18号線沿いで農耕機械の展示会をしていました。

これは「新機種」か。

これは珍しい「中古」のトラクターだ。

これは畑に生えている「姫踊り子草」、いずれ耕作される運命。

でも注目すると奇麗な野草だ。


有形文化財・苔翁寺(寺院シリーズ最終回)

苔翁寺の本堂です。

立派な建物です、これが文化財・苔翁寺。

内部の一部です。

鐘撞き堂。

入口付近にある六地蔵さん。

仁王像の彫刻一部。

観音山の周りに無縁仏と思われる墓石が沢山葬られていた・・・合掌。

有形文化財・飯綱町・苔翁寺 に」・・寺院シリーズ ナンバー1

この寺院が「有形文化財(建造物)・苔翁寺」です。山門と仁王像が指定され

ています。仁王像は、お洗濯で業者まで散歩中でした。

格調高いですね、、住職にご説明を頂戴致しました。

この犬の名前を勝手に決めて「カクチちゃん」と命名しました。

白色で落ち着いて良いワンコです。私には吠えません。

ワンコに声を掛けるとウウ・・と言って立ち上がりました。

声を掛けると「ウーウー」と言いながら上から目線で納得か・・・

まさに番犬になりそうですね。

最後に、誰でも見えるように「番犬です」・「ご注意下さい」と看板が有り

ご住職の優しい心が伝わってきますね。 coollaughingkiss

スノードロップとクリスマスローズは

白色のスノードロップが咲いた。

趣味の花・クリスマスローズ花弁の裏側が表のミストと対比がユニーク。

シングルのピンク・ミスト

今年も奇麗に咲きました、庭で6年目です。

トルクァトス・原産地はボスニア、セルビア、クロアチア等

3月の日本蜜蜂の活動の様子は「みつばちブンブンブン」

日本蜜蜂の巣門は花粉パンをしきりに運んでいます。

この寒さに「日本蜜蜂」の働き蜂が蜂蜜や花粉パンを運んでいるのが見えます。

今日付けの「日本農業新聞に」みつばち98.9%ウイルスに感染と・・・

日本養蜂協会・初の全国調査実施。調査をまとめた東京農工大学の国見裕久名誉

教授は「日本の養蜂で大きなリスクとなり得ると」指摘する。

本当に果物等の受粉ができなくなり「ミツバチ」の高騰が心配されますね。

この花なんの花・気になる花

この花なんの花・気になる花

珍花

珍珍花

これも同様です。

全てクリスマスローズの花です、この花は趣味の花。

アネモネの花に似たところがありますが、アネモネの花は派手ですね。

大事にされている「神明社」に願掛けに

この場所は明治以降から信仰の場であり、老若何女が急な参加道でも

信仰の場としています。

この神明社も「明治」前から信仰されていたと重います。

佐渡ヶ島から北国街道を通り都まで金山を運んだルートです。

途中に小さい、お洞がありますが老人にお聞きしても、良く分かりません。

30メートル位階段を上がると左側にあります、(ここは祭りの際、小旗が揚げ

られます。

)

ここを過ぎて階段を上ると更に上段があります。

更にこの上を上り詰めて、やっと小さなお洞があります。

残念ながら冬期間は閉鎖されていました。

山頂まで登り、願掛けや、お祈りをすると・・・・

心のこもったお祈りをすると望む希望が叶うと昔から伝えられています。

 

たまたま、サルノコシカケが桜の木に出ており、病気の神様のようだ。

何だか地区の人々をお守りしているようだ。 運は自分で開くものです。

チャンスは見逃すな、必ず自分ものとして引き込む姿勢が重要です。





鳥の世界と越冬した昆虫は元気だ

散歩中に頭を太陽方向に向いている福寿草を見つけました。

同上です。

小さな蕾も皆元気で「コロナウイルス」も飛んで行きそうだ。

白色の「芝桜」が咲いていました。

同上です。

畑に「クチブトカラス」が考え事をしているのか動きません・・・

確り見て下さい、これは「家スズメ」の鈴なりです。

最近では久々に見ました、もしかして良いことがあるかも。

これもそうです、一列に並んでいます。

「シラガライウ」のサナギです、こんなの有りですかね。

普通は卵で越冬ですよね。

繭に出た穴が無いのです、つぶして確認と思いましたが止めました。

繭を揺すぶるとコロコロと音がします、同じ場所に2頭ありました。

温暖化でサナギで越冬した昆虫(ガ)いるのでしょうか。

「ガ」数え方は1個でなく1頭と数えるのですか・・・

チョチョは一頭二頭ですね。

鳥居川の解禁と「コロナウイルス予防」の為の「本物蜂蜜」はどうですか

三月十五日から、釣りの解禁です。鑑札を持っていますが10年以上釣りをして

いません。 今回も「ヤマメ・イワナ」を放流するマップが届きました。

今年は水量が少ない気がしますが、放魚する量は同じ様です。

会費を払うだけで、今年は時間があれば挑戦したいですね。

鳥居川の橋の近くに春を待ち構えている桜の芽が目立ちます。

左側が黒姫山・右側が妙高山です、信濃町は西側を向くと北信五山の四山が

角度を変えて奇麗に映ります。

疲れた際やコロナウイルス予防に「本物の蜂蜜」みつばちブンブンブンの

蜜を食べて元気を出して欲しいですね、私は毎日食べています。

<< 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >> 33ページ中8ページ目